FC2ブログ

宮津駅前割烹「平の家」 女将のうっちゃり

京都府に海があるのを知っていますか? 地図で日本三景”天橋立”を捜してください。 そこに魚の美味しい丹後宮津市があります。 宮津駅を降りてすぐ「平の家」にお立ち寄り下さい。 TEL:0772-22-2419
MENU
未分類

本日!うっちゃり女将が TV大阪で顔出します?

tv




大好きな ハイヒールのりんごさん に焼きたての 鰻重弁当をお届けしました


テレビで見るより 華奢で 礼儀正しい方で素敵だったね と
取材後、皆で話してましたよ


しっかり 細川忠興夫人ガラシャの暮らした宮津のお城跡で 86年目を迎える料理屋ですと&このブログのアピールも秘かにラブレターました

ちゃんと読んでくれてて \(^o^)/ ブラボー

思いきり、投げKISS!!しちゃいました

今夜の19:00~21:00
『冬のローカル線 ”ぶらり途中下車旅“』です
見て下さい
ちなみに、宮津では映りません。残念。

さて、ここで、ガラシャの話をさせて下さい

私見では ありますが 中世戦国時代の女性史を 研究されている
NHK『歴史は動いた』にも 出演された 田端先生の本に よると

戦中の 夫 の留守を預かる正妻の 政治的位置は高く、その役割は 大きなものがありました

北政所ねね がよい 例だとありました。

今まで ガラシャは、宮津のこの丹後の食に 惚れていたはず

こればかりを強調していた女将。それは 変わらないのですが

あの当時、細川忠興と幽斎は、240年間も 宮津を統治していた 一色氏に仕える 荒くれ者達には かなり てこずっており


長岡~宮津~味土野~大阪と ガラシャは 過ごしますが、その後に 宮津へ度々帰り 三人の子供を出産しております

そして ガラシャが 亡くなった後に 熊本の統治へとへ 向かいました

私は きっと ここ宮津の統治に ガラシャは 欠かせなかった

ここでの 人々は ガラシャが大好きで 尊敬していたんだと

はい!まだまだ 研究半ば

勝ってな想像は 益々膨らんでいます

あーぁ 誰にも 止められない

皆様に 知って 欲しい気持ちは 止まらない

昨日も、宴会で
つい つい 話してしまいました

L(・o・)」

聞いて 下さり 読んで下さった方々に 感謝
最後に 『京都情報』を ポチッと

お願いいたします

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。