京都府に海があるのを知っていますか? 地図で日本三景”天橋立”を捜してください。 そこに魚の美味しい丹後宮津市があります。 宮津駅を降りてすぐ「平の家」にお立ち寄り下さい。 TEL:0772-22-2419
昔の自分を愛惜しむ時
2006年09月30日 (土) | 編集 |
どんな時ですか?教えて下さい。
ひょいと 思い出してクスッて笑ったり 手紙やメモが出てきたり…私は後者です
スポンサーサイト

高速バス停と駅が店の玄関前
2006年09月30日 (土) | 編集 |
20060930204031
写真のように いつも停車しています


焼き松茸ースダチを添えて・・・
2006年09月29日 (金) | 編集 |
20060929192544
香り最高~


秋の味覚のNo.1
2006年09月28日 (木) | 編集 |
200609282144152
20060928214415
やはり この時期 松茸の土瓶蒸し・焼き松茸ですね
サンマも 勿論!しかし、今、太刀魚の特製バター焼きが人気です。
ええにょぼで有名になりましたが、伊根の酒蔵 向井酒造の古代米のフルーティな味の伊根満開やすっきり味の原酒でいかがでしょう?他の地酒橋立・丹波ワインもあります
行き帰りは 目の前に電車とバスの駅。
今日は、法要仕出料理で昼は、いっぱいでした。地元のご予約でいっぱいになることも度々です。どうぞ ご予約の上 いらして下さいませ


おにやんま ミンミン蝉と 夏惜しむ
2006年09月28日 (木) | 編集 |
20060928075255
昨日は 無農薬畑の雑草達との格闘に、最高の秋風~と刈り取った草の山に 香りを楽しみながら寝っ転がってると目の前を スイ~スイ~ とおにやんまが通り、 アレ?耳を澄ませば 遠くで 蝉の声 。又々スイ~スイ~「悪い虫達食べといたからね。」かな?

山から流れる水のせせらぎの近くには 沢蟹の親子がゾロゾロ散歩してました

さぁ~て 休耕してた畑再会。キャベツの苗を買いましたが、果たして、虫に着かれないように 食べれるようにまでなりますかしら…自信なし・何か工夫しないと無理かもしれませんね


彼岸花と共に秋が駆け足
2006年09月26日 (火) | 編集 |
200609262026022
20060926202602
田んぼのあぜ一列にみごとに赤 赤 赤… 大好きな風景ですが ほんの少しの間でおしまいです。写真が取りたくて 子供の頃よくあそんだ田んぼ道に出掛けました。数が少なくなっていましたが やはりありました。小さい頃は、毒があるから触っては駄目と叱られたことを、思い出します
栗も拾い。花好きな 二人の母の作品たちも収めました。盆栽歴四十数年。盆栽目当てのお客様もよくいらっしゃいます。先週の火と水曜には、月下美人が七個咲きました。当店は、仕出予約でいっぱいでしたので、宮津駅のホームに朝まで預け、駅を降りられた方々には、楽しんで頂けたかと思います(^_-)v


お客様の笑顔と会話が楽しいです
2006年09月18日 (月) | 編集 |
20060918195005
今日は敬老会。日頃から、ご年輩の方々のご来店が多いのですが、お孫さん達と共に、ご遠方からお越し頂きました。旅の疲れからか、子供達は険悪ムード。
早く出来るメニューを勧めるも、焼きたての鰻が食べたいとのこと。待つ間、(多分ですが、叱られるのを待つかのように)大人たちの嫌う所作を続けては(`ε´)私も天邪鬼だったので なんとなく気持ちがわかります。こんな時には美味しいものが一番!
子供の注文の天丼を 早く速く…一番になんとか出来て「今が旬のチソサービスしました。。おばちゃんが作った無農薬野菜食べてね」その後のご機嫌の笑顔に安心して「お腹いっぱいになった?」 深くうなづいてくれたので、泳いでる鰻を観て 楽しんでもらい。帰りには また来たいとの言葉に (*^_^*)v よかったぁ~
最近 ネットのお陰で 遠方から来て下さるのですが、当店は地元の仕出や宴会も 多い日もあり、主人ひとりでは限界があります。予約多数の為、玄関が開いてないこともあります。 出来るだけご予約の上のご来店をお願いじす。ちょっとだけ サービス品ありです


終末医療と尊厳死
2006年09月17日 (日) | 編集 |
人が死を迎えるのは、今はほとんど病院ですね。その医療費が一日数万円から ときには十万を越える治療費が必要なのだそうです。えっ そんなにかかっていたの?とびっくりしました。
死を迎えるまで、一~二週間で百万円を越えるのは普通だとか。祖父母たちを看とり。自分の死や終末も 考え続ける中、家族の事や長く苦しむのは嫌だとなど尊厳死だけを考えてましたら 自分の財布の中も考えておかないと大変なのだと 知り驚きました。

アレルギー雑感 続き
2006年09月14日 (木) | 編集 |
私の子供のアレルギー体験を通して感じた事を書かして頂きます。体はもとより、人の心の安定ともかなり関係は深いようです。癌なんかにもよく言われているように。病気になったといって マイナスに考えないこと。共に生きることを考えること。でも具体的に、実践できる 簡単なことをお話すると…まず食事。よく噛みましょう。一口30回とか言いますが、厳しく考えず。何でもできるところで…飲み物も口の中で 一呼吸。食べ物全てに感謝の心で味わって下さい。アレルギーの子供達は、余り調味せず食べることも 多いためでしょうか。びっくりするくらい 素材そのものの味をよく知っています。体にある免疫力に頼るというわけです。心身ともですが、疲れると、落ちてしまいます。本当に今・現代の生活全てを基本的に見直させてくれます。コンビニに慣らされた舌に料理人として がっかりさせられる事があるのです。折角日本にある 良い食文化は大切にしたいですね。特に、妊娠中の方には、気を付けて欲しいなと、思う事。煙草や深酒・農薬はもとより、高蛋白の物、種子類、魚や肉の脂・臓器類・油は少しでも 結構アレルギー になりやすいと言われています。同じもの・同じ産地の物を食べ続けないこと。腸を丈夫に。新陳代謝を良くする。水もよいものを身の回りでは、園芸用品・芳香剤・防殺虫剤・洗剤等はなるべく自然のもので、使い過ぎない。洗濯は、よく水を通す。厳しくいうと、まだまだあります。流行りのロハスです。アレルギーは 体をコップと考えると 化学物質がコップから溢れた時に発症すると考えられているそうです。入ってきても 体には出そうとする力もあります。そのバランスを崩さない 工夫が必要なようです。

アレルギー雑感
2006年09月10日 (日) | 編集 |
アレルギーについての解決法がはっきりとみつかってはいません。誰が どんなアレルギーになるかも予想がつきません。ただ、ご自分達がそうであるかもと御心配な方は、絶対自分達だけでの判断は禁物だということは言えます。心配で変な組織に堕ちてしまう人も見ています。全国に良心的な医師や私達の属すような会はたくさんあります。複数の機関や会を尋ねるのは、とても良いと思います。