京都府に海があるのを知っていますか? 地図で日本三景”天橋立”を捜してください。 そこに魚の美味しい丹後宮津市があります。 宮津駅を降りてすぐ「平の家」にお立ち寄り下さい。 TEL:0772-22-2419
鬼やんま 捕まえた!!
2007年05月31日 (木) | 編集 |
200705311604142
20070531160414
ヤゴでしたぁ~ (^_^)v
今日のお宝は この鬼やんまのやごと 団子虫
側で 見てると こちらまでワクワクしますo(^-^)o

スポンサーサイト

初めての蟹
2007年05月30日 (水) | 編集 |
20070530081628
こんな蟹が 宮津の山からの小川にいるなんて ちょっとびっくり!!
子供達が、捕まえてきました初めてお目にかかりました
なんて 種類かしら?外来種?



イチゴ豊作
2007年05月29日 (火) | 編集 |
20070529133905
20070529133904
蛍ふくろが咲きました
もう時期 蛍に出会えます o(^-^)oワクワク
そして かじかがなきはじめます
今が一番・大好きな季節 (^_^)v


米国小学校から日本へ
2007年05月29日 (火) | 編集 |
20070529082125




雷にうたれました!!
2007年05月28日 (月) | 編集 |
200705280649362
20070528064936
神社巡りをしているお客さんからの 話
桂文珍さんの 里 篠山に古い神社があり、その鳥居の下で体験されたそうです
古い古い神社の鳥居は 昔の地震や火山の噴火で亀裂が地面の下にあり、磁場になっていることが多く たまたまその日の 空は薄曇りで 頭の上から電気がピカッと落ちて 手から火花が走るのまで見る!! 衝撃!!
でも 巫女さんには結構体験者があり、それを見た人達は崇め 奉ったとか…
今はもう 科学的に証明されていることだから 驚かなかったけど、知らないとそうなるのかも という話でした
へぇ~へぇ~と聞き入る女将
写真は山のウツギ 四月からずっと咲き続けています
もう一つは 松の一種?若芽がはっきりしていて綺麗です


丹後海の幸2と山
2007年05月25日 (金) | 編集 |
200705252137112
20070525213711
我が家の農園のすぐそばに、小学生がたむろ
不思議に見ていると 木イチゴ?野イチゴを摘んで食べていました
昔を思い出し 今も昔も変わらない子供達に ちょっと嬉しくなりました

捕れとれカマスは はるばる遠くから 訪ねて鰻を食べに来て下さった弟の仕事仲間の方に 天ぷらで…
「美味しい!!」に(^_^)v


丹後海の幸
2007年05月25日 (金) | 編集 |
200705252112052
20070525211205
丹後と言えば ヤッパこれ!
焼きものなら、絶対「若狭ぐじ」がさいこー(^з^)-☆Chu!!最高
何より 主人が作ってくれたのがひと味も ふた味も違う気がします
お刺身は こしょう鯛と黒鯛の共演
「魚は丹後ならでは!都会では食べられない」とお客様(^_^)v


花好きは 花好きを呼びま
2007年05月23日 (水) | 編集 |
200705231637582
20070523163758
向こうに見えるのは 駅です
右がバス停留所
てな訳ですから 時間待ちの間 我が家の花が目を楽しませているらしく
ほら、また二三人、年配の女性の方が花に見入ってらした
花好きな方に 苗や種も頂きます
手前の青は八車草、ピンクの霞草とベストマッチング!!

そして、この「うつぎ」いいでしょう
ピンクで符が入ってて(^O^)
「空木」と書くらしい 卯月に咲くので 卯の花とも… 何より丈夫で 長く咲いてくれるのが嬉しい
良い花や 木を教えて下さる方募集中


ちらし寿司
2007年05月11日 (金) | 編集 |
いつの 頃からか 寿司を常時しなくなり 予約のみとなりましたが お婆ちゃんの大好物
今日は祭りに 親戚に配りましたので 老人ホームに行き お婆ちゃんにも おすそわけに持って行きました。「はい・あ~ん」「もう一口」「もう一口」とよく食べました
「あ~よぅよんどくれたなぁ・ありがとう」と笑顔のお婆ちゃんに満足(-^〇^-)


GW 最終日は雨
2007年05月06日 (日) | 編集 |
200705061532492
20070506153249
祖母と、義母は池坊師範
母も花作りが大好きで 母の日のプレゼントには、一番好きな薔薇の苗を買って欲しいと 花屋巡り。母の年を越した数の薔薇達が、もうすぐ満開になります
私も やはり花が大好き
なんといっても 活け易く、育て易く、丈夫で長持ちする このカラーや小手鞠 アイリス系が好き。
今日は義母の孔雀サボテンが開花
さつきの鉢花が、ところ狭しと並び始める平の家へ お越しやす