京都府に海があるのを知っていますか? 地図で日本三景”天橋立”を捜してください。 そこに魚の美味しい丹後宮津市があります。 宮津駅を降りてすぐ「平の家」にお立ち寄り下さい。 TEL:0772-22-2419
小椋佳IN宮津
2008年02月28日 (木) | 編集 |
撮影禁止・携帯は電源を切って下さい 始まる前のアナウンスで切りました。しかし、始まれば、写真 撮ってOKと ご本人から~ 
あれー撮ればよかった??

今日は『旅』をタイトル にということで始まりました
最近のドラマや邦画には、『命』がテーマに なることが多いなぁ と感じていました。
本当は、私自身も突き当たっていました

な~んとなく 答 もらった気が しました

人生は 『旅』

『山河』の歌の中で、山河を省みて 恥じることのない 足跡を愛する人の目に…♪♪

残された人生は 旅立ちの時
心を澄ませ 耳澄ませ 今旅立ちの序曲

少し間違ってるかもしれませんが、 こんな感じでした

後半は 足軽達の物語りも面白かった

津軽三味線の歌手「高橋孝」は平太役(見てた人しかわからないかも)との共演もよかった!!

今の若い人達が 心を揺さぶられるのでは(欲しい) と期待を込めて、再度には、深夜ラジオで 聞きたい

そんな 感想です

終わったら なんだか 懐かしく 家族と、この時間に感謝
日本人で よかった!

そう 思いました
眠くなり へんてこりんな 文に なり ご容赦を zz…
スポンサーサイト

貫山吉法様 夫婦
2008年02月25日 (月) | 編集 |
20080225193719
京都情報から~竹トンボの写真見ました

子育て 夫婦 家族の老化・病気や死~大家族ながらの苦労や幸せをいっぱい経験出来ました

すご~く 悩み落ち込んだり 真剣で怒ったり 笑いころげたり
振り替えって その時々 結構自分なりには、一生懸命でした

それで よいのだと考えていましたが、ちょっと 最近 特に反省を込めて

もっとよい『言葉』を話せる人間にならなくちゃ
特に 一番近くにいる人にです
簡単そうで 案外です
30年近い付き合いに 互いに甘えているみたい

我が儘が 垣根になります

互いに、自分自身より 相手の方が一枚上なことがあり 「そうだった」「ありゃ」とか
やっぱり 二人で倍…そして半分こに したいです(^o^)/


大手川
2008年02月25日 (月) | 編集 |
20080225085527
20080225085527
昨日の写真です
一昨日の夜は 凄い吹雪~雪より 風が凄かった
玄妙庵に お泊まりのお客様が あの素晴らしい橋立の雪景色が 風で飛ばされ見られなかった 風音で寝付けなくてね と
山の中腹だからでしょうね

それは 滅多に出来ない体験を されたのですね

と 地酒「京の春」「ぶりしゃぶ」を 召し上がって頂きながら…

又 来て下さると げんまん o(^-^)o(*^_^*)(^_^)v


吹雪注意
2008年02月23日 (土) | 編集 |
20080223182522
ご近所の 『白藤』和菓子店前
五時頃 車ごと 風にあおられ危ない 危ない
電車も 遅れています


雛人形
2008年02月23日 (土) | 編集 |
200802231714542
20080223171454
♯♪私の人形は 良い人形~目は ぱっちりと 色白で~ 小さい口元愛らしい~ 私の人形は良い人形~♪♭

と口ずさんで しまいました
市松人形? 『ちょたろう』と呼んでいましたが、この赤いべべきた お人形は私と同じ年
つまり、母方の祖父母に、桃の初節句で 買ってもらったものです

始めておいらん道中の映画を見て、こんなところに『ちょたろう』が!!と 思った思春期の頃を思い出します

「ウィンド-が 可愛いので来ました」と お雛様が 連れてきて下さったお客様
嬉しいです(*^_^*)(^_^)v


ぶりしゃぶ
2008年02月23日 (土) | 編集 |
20080223143850
20080223143849
予約なしでも OKですよ
いらっしゃいましぃ~ o(^-^)o


和のチョウ鮫料理
2008年02月22日 (金) | 編集 |
200802221757252
20080222175725
またまた
ちちんぷいぷいから
しらこ料理が 写せなかった
残念
シャブ シャブで山中アナが お召し上がりぃ~ (*^_^*)


愛知山中で キャビア
2008年02月22日 (金) | 編集 |
20080222164951
20080222164950
今放映 ちちんぷいからです
村おこしで 始まったとか
うわぁ~ こんな知恵 宮津で 出来ないの~
十数年前から 始められたとか…


小春日和な今朝
2008年02月21日 (木) | 編集 |
キャベツの写真は、火曜のもの よその畑は、まだまだ雪 深く よりによってこの キャベツの所だけ 雪がなく 集中して私の美味しい キャベツが狙いうちに…ショック (ToT) (∋_∈)
たくさんの 鳥がバタバタ 逃げてゆきました
キャベツは 美味しいので 虫達も 暖かくなると ゾロゾロやってきてしまいます
ですから、寒いうちに 大きく育てられて ラッキーと 思っていたのにぃ~

祖母が キャベツのことを『カンラン』とよんでいたのを 思い出します

昨日は、休業
実家は まだ雪で埋まってました
腰痛もちの、70もとうに越した 母に 雪かきはきついので 一肌脱いできました
(オーバーやで…)(-"-;)

キャベツ悲劇
2008年02月20日 (水) | 編集 |
20080220233350
20080220233349