京都府に海があるのを知っていますか? 地図で日本三景”天橋立”を捜してください。 そこに魚の美味しい丹後宮津市があります。 宮津駅を降りてすぐ「平の家」にお立ち寄り下さい。 TEL:0772-22-2419
丹後の紅葉と 蟹!
2008年11月30日 (日) | 編集 |
20081130181901
20081130181858
雌の蟹 ほら!最高の蟹の子 た~ぷり プリ!!
たまりませ~ん

めちゃくちゃ 美味しい

今だけの 旬 本場の宮津の方たちが 待ち望んでいたのは 大蟹や ない これ これ コレ!

今年は 半分の漁みたい で 値段が 高め

しかし 旦那様が ゆがいて くれた この蟹
おっきくて すご~い (^q^)

滝上公園・如願寺の 大きなさざんかと 紅葉 素敵です
スポンサーサイト

丹後ちりめんは まゆの里・化野にも!見つけた!
2008年11月29日 (土) | 編集 |
20081129114244
20081129114241
まゆの意図(糸)か
繭人形に誘われ
化野の『まゆ村』さんにおじゃま

ややや♪ 可愛い 牛さん 見~っけ♪

ややや♪ 素敵な ベガサスの モビールを見~っけ♪

一つ、ひとつ、お一人の方の手作りなんですって
w(☆o◎)w

丹後の話から 蟹の話になり

ついつい 営業魂発起
是非 にと 蟹とぶりしゃぶをと、おすすめ
来て下ると げんまん
来て下ったら また アップします

人との縁

大切に大切にしたい
そして 面白がっています

次回は 今回閉まっていた念仏寺と 奥の 平野家 へ
そして 又 まゆ村さんへ きますねっ (^O^)v

常寂光寺のもみじ ゲット
2008年11月28日 (金) | 編集 |
20081128103618
20081128103615
母の 盆栽が、最近 力入ってなく
やはり 植物にも わかるらしく
今年の 盆栽全体のできは あまり よくなく

もみじ等、夏の酷暑のせいもあり、かなり たくさん枯れ (ToT)

常寂光寺に 苗があり ラッキー

すくすく 育ちますように

嵐山まで 船で運んだ都への食~人間の欲
2008年11月27日 (木) | 編集 |
20081127105547
20081127105545
暑いくらいの日射し
気持ちよい 風

水しぶきは覚悟しての雨具は結構助かりましたよ

ナイロン風呂敷でもよいので、持参されますことを!
多分 今日も 同じかな?

川鵜や 白さぎが、のんび~り
カイツブリが 潜る
亀さんが たくさん 甲羅干し

紅葉も 少し終わりつつは、ありましたが お天気で、陽に映えて、綺麗で最高でした o(^-^)o

保津峡 川下り
2008年11月27日 (木) | 編集 |
20081127102820
20081127102817
水曜日は 休みたい曜日
思い切って 念願の 川下り 体験

二時間待ち
乗れただけ でも ラッキー

帰りのトロッコ列車は 3ヶ月前から 予約 必要
断念

ふぁん ふぁん シッポの魅力
2008年11月26日 (水) | 編集 |
20081126070820
20081126070817
シッポを なびかせ
雄そうな モンローウォーク

キャー 素敵 こっちむいて~ の呼び掛けに 立ち止まり
顔を 洗い始め! (p_;) (^_^;)

正面写真を撮らせてくれない、主人の先輩宅のねこしゃん

傍に 飼い主の奥様 に 愛情いっぱいの 相思相愛を 感じ (*^_^*)v

滝上公園のもみじ 最高です
2008年11月25日 (火) | 編集 |
20081125134236
20081125134233


かに&ぶり
2008年11月25日 (火) | 編集 |
20081125112211
ぶりしゃぶに活かにを ご一緒に お召し上りました
まずは、わっさ わっさ動き・泡ブクブクの蟹のお顔を見て頂き遊んで頂き、写真に収めて
とことんお楽しみ頂いた後
調理

ですから時間がかかります
出来上がったものから、召し上がって頂きましたよ
始めは、ばい貝・寒ぶり・他の地の黒マグロ・秋いか刺身

ぼちぼち蟹刺身・焼き蟹・鍋と召し上がり

そこへぶりしゃぶ登場!!

なかなか素晴らしい
お客様本位の食べ方でしょう
当店では活蟹一匹からお出ししています
我が儘OK!
めちゃくちゃ喜んで頂きました

忙しかった連休が 終わりました

3~4日忙しいのが続くと、さすがに 疲れきって ブログも 出来ませんでした

お料理の 写真を 撮り損ないました

コップに 水が まだ半分ある。 半分しかない。 あなたは? どちら派
2008年11月21日 (金) | 編集 |
20081121131830
すすきが 錦色に
お陽様 に 輝き綺麗でした

綺麗な 時期は しばらくしかなく すぐに 枯れてしまいます

これを 人生に当てはめ 悲観的に考えてしまいがち

青々と 繁っていた 夏あり 秋で 実り 穂を出し 私は この錦色なのかも…

なんて
新しい時代の為
輝きましょう

お陽様に輝かせて貰っていることを、心に忘れないで
いつも 心掛けなくては

ところが 時々 心狭くなり 忘れてしまいます

自分だけの 力のような気持ちになってしまいます

そんな 時 何故か 誰か 何かに 頭をコツンと 叩かれてしまいます

気付き 気付かされる
いつも そうでありますように

枯れても 次の若葉の栄養に なれる

そんな 自分でありたい

もぅ凍て かけていますよ!
2008年11月20日 (木) | 編集 |
20081120163242
20081120163240
今現在 4時30分
実家の 屋根には まだ 雪