京都府に海があるのを知っていますか? 地図で日本三景”天橋立”を捜してください。 そこに魚の美味しい丹後宮津市があります。 宮津駅を降りてすぐ「平の家」にお立ち寄り下さい。 TEL:0772-22-2419
地酒だ!!祭だ!!べっぴんだぁ~
2013年09月30日 (月) | 編集 |



時間を忘れて 飲みあかせ!!とばかりに
さぁ~ 始まりました

お客様も 関係者も 料理店も楽しんでましたね~

ほらほら皆様の笑顔輝いてます
『酒』のカブト 登場
面白くてしっかり頂きました
酒造の旦那さん(兜)と料理店の女将 さん
ソムリエさん(兜)と竹野酒造さんの女将さん

続く…

スポンサーサイト

当店のカンバンむすめ?は看板の上
2013年09月28日 (土) | 編集 |



看板の上でお出迎え
ちっちゃいのでわかりますかしら?
あちらに見えますのは 駅舎です

今日も朝晩 寒いですが日中は暑くなりそう

今日の夕方は予約のみ
な時間もあります確認でお願いいたします

明日は 地酒祭りで当店は 橋立の北野屋さんへ出張するため お休みです
初めての体験
ワクワクo(^-^)o心配ドキドキ



台風18号の爪痕の由良川
2013年09月27日 (金) | 編集 |

由良川沿い 国道175
福知山 大江 道路脇壁に 浸水の泥あとは一メートルを超えています
どのお宅も 戸を開け放ち 片付けの真っ最中
皆様お疲れの様子にみえました
スーパーマーケットの前に山積みの冷蔵庫がブルーシートに覆われていました

もう 10日になろうかという水曜日の午後4時頃

由良川沿いの竹林はなぎ倒され 木々にはゴミが巻き付き(写真)泥をかぶり 真っ白
激流だったと感じました

そういえば あれから雨が降っていません
泥が乾き、埃が まきあがっています
心配していた 稲は ほぼ稲刈りが終わっていましたが 泥をかぶり汚い色の稲穂がうなだれている田もいくつかありました

作りかけの防波堤
これができていたらと…
宮津についた夕方は雨がよく降り始めました

人間の力が及ばない自然
何かを 訴えているのかもしれません


純米酒で日本一もあります!!
2013年09月27日 (金) | 編集 |


それも 生原酒
これも 公表してません
限定のうまい酒
必ず『飲みたい』と伝えて下さい
当店だけ丹後のうまいもんが ずらり!!

今週の日曜日は 『地酒まつり』北野屋さんでありますが 前売りチケットは当店で 買えます
飲み放題が1000円
メチャメチャお得
予約も受け付けます
お早めに


昨日は風が強く、長袖に着替えたり 脱いで半袖シャツになったり
温度調節が難しい日でした
今朝も ひんやりしてます


舘野泉コンサート~作品平野一郎に感動
2013年09月26日 (木) | 編集 |

朝目覚めても 思い出されて、アップしないわけにはいかなくなりました

さすがに世界をまたにかける左手だけのビアニスト

平野一郎さんが舘野さんの為に作られた曲素晴らしかった

前おきで 曲の説明があってから宮津出身の平野一郎さんを観客席から壇上にあげ
ご紹介下さいました

円空二倣エル…とかの 曲ですと 色々なものが出てきますから…30分くらいの曲ですとお聞きしました

私の頭の中では 初め花吹雪 行者が岩昇りしていたり 鹿やうさぎが走り廻る姿、竹林がざわめく音だったり 何故か牛若丸や弁慶が でてきたり
名月の橋立できらめく 阿蘇海で跳ねる魚
台風のような嵐
丹後の海からあがる 大きな大きな オレンジ色の太陽
最後の曲は 粉雪から 辰巳雅章さんの傘地蔵 しんしんと降り積もる雪の中で歩く人 終わりは 大仏様に積もった雪


肘を使っての演奏では 岩にくだける波に 聞こえました(圧巻)

舘野氏は、演奏が終わり舞台そでに 消えつつある姿は 小さな姿に見えましたが ビアノの前に座る姿は 凛々しく雄々しく見えました

曲の説明文は 小さな文字で 会場が暗かったので 帰ってから読み
改めて 自分の想像と曲の主旨は近かったことに 驚きました


拍手がやまず、アンコールを笑顔で、二度演奏をしてくださいましたよ
最後の曲は優しく爽やかな気持ちにさせて下さいました

とても とても 『ブラボー』 感動をありがとうございました




日本一のお酒あります
2013年09月25日 (水) | 編集 |


さすが平の家
と 言って頂ける お酒
偶然仕入れていました
もちろん『美味しい酒』の情報には五感がくすぐられる女将です

先月、新聞掲載されていた竹野酒造さんの『天酒大明神』純米吟醸酒
丹波郷多久神社へ奉納した酒米を使用と書いてあります

店内の表示は しておりません
本当に 『飲みたい方』にしか差し上げたくないからです

美味しい人が大好きな女将でした

今日も 夏日和


曼珠沙華~季節限定
2013年09月24日 (火) | 編集 |


撮影は20日
彼岸花の名も付く花は、そろそろ終わり
好きな花ですが 祖母より 『毒花』と聞かされていたので 悪魔的な美しさに感じます
モグラよけに 畔に植えてあるのだとか、なので採ってはいけないということかもしれませんね

昔の人々は花を見て、野良仕事のスケジュールをよんだそうです
口伝で伝えられていることがたくさんあります

昔を掘りおこしてみたくなっています

今と繋がっている昔
昨日の日中は真夏みたいに暑かったです がたくさん売れました
今朝も 晴れています


屋上で鈴なりトマト
2013年09月23日 (月) | 編集 |


背丈は、二メートルを越えました
花もまだまだ ついて
大成功な プチトマト&アイコちゃん

カラスと戦ったり 失敗を重ねて 今年は
経験は宝

安心 安全 愛情たっぷり
本日もガラシャ御膳&よそにはちょっとない幻の丹後の地酒で ガラシャと歴史談義をお客様と交わし
また 来て下さると ゲンマンしました
お待ちして おります



見事な地元古代赤米
2013年09月23日 (月) | 編集 |


亡くなって 尚
手紙とブレゼントが 芦田行雄さんから届きました(どぅいうこと)


波のように朝陽に輝く赤い米。その向こうに仙人の姿に見えるのは芦田行雄氏

『丹後の仙人』

天国で 昔々の方々と 何を語りあってらっしゃるのかしら

いつか 私も仲間に 入れて頂けるよう この世でしっかり働かなくては 駄目です と教られた気がしました
この写真に出会うとしばらくうるうる してしまいます

忙しかった 彼岸連休が終わり 屋上で水やりしながらぼ~ と してしまいました

今日はまだ月が見えません
東の空は雲が厚いです


月へ帰ります!!債務が残っておるぞ
2013年09月20日 (金) | 編集 |

テレビCMのフレーズです

月の精に憑かれたみたいな私またもや熱が…

先日新聞で 宮崎駿監督が竹取物語の映画作りに関わるとありましたね

あの 竹取物語も 橋立が舞台 根っこに なってるのだと お客様からお聞きして

月の夜の橋立 高貴で文化知識のある 人々の交流が三文殊 のひとつ 智恩寺で行われております

和泉式部の歌碑がたくさんある橋立

そう

明智光秀、茶人津田宗及、歌人里村じょうは(漢字変換できなくて)、そして細川家の人々が 橋立で 舟上茶会 和歌を交換しています

古代の昔々 より 人々の心寄せる
月の橋立…続く

写真は 玄関で咲き続ける桔梗です
明智の花~あけっつぁまに心寄せて