京都府に海があるのを知っていますか? 地図で日本三景”天橋立”を捜してください。 そこに魚の美味しい丹後宮津市があります。 宮津駅を降りてすぐ「平の家」にお立ち寄り下さい。 TEL:0772-22-2419
丹後おでんあります
2013年11月30日 (土) | 編集 |

『まるだいこ』『きんとき人参』が大好き口の中でとろけます
宮津産のちくわに練りものは 外せませんよ
日ヶ谷や久美浜のこんにゃくは 歯ごたえプルプル
宮津の焼き豆腐 結び昆布
卵に暑あげ 牛すじも 入りました
熱々をからしをつけてどうぞ~

写真は 舞鶴おでん だとか…地元愛ですね

スポンサーサイト

久美浜牡蠣の土手焼き&カワハギ鍋
2013年11月29日 (金) | 編集 |

いきなりご予算六千円で四名様がご来店
地ものづくしでご堪能頂きました
蟹を始めヒラメに地元伊根の鰹が美味アキイカもあま~い。カワハギの肝の美味しいこと高級魚に負けない刺身に鍋
久美浜牡蠣もちりに 土手焼き
〆にうどんを入れ ご飯で雑炊
あったまり、ご満悦 頂いた様子に こちらもテンションアップでした
可愛い 赤ちゃんもニコニコ顔
ありがとうございました
又 お越し下さいませ
お待ちしております


生きたまんまの蟹
2013年11月28日 (木) | 編集 |

小さい方でのご予約でしたが…『デカイやないかぁ~』と

先ずは、ぴちっぴちっ蟹との記念撮影
刺身、焼き、鍋での しゃぶしゃぶ
かぼすをしぼったり~蟹味噌をちょっと浸けて

甲羅酒も

仕上げは 雑炊
先ずそのままで
次に ほぐした蟹肉混ぜ 次に味噌を混ぜて
その熱くなった 舌を冷たいシャーベットで 冷まして頂きました
地酒も ご堪能頂きました
お話を伺うと 繋がりがあり こちらも面白かった です
又 お越し下さいませ

さて 今は
どんな 出会いがありますかしら?
お待ちして おります



暁星高校ウォーカソン
2013年11月27日 (水) | 編集 |


休みたい水曜日返上で、曜日日和
今朝は寒いです
は寒波が来るとしけて船が出にくくなりますから、お早めに

写真は、毎日と京都新聞記事から
11月23日「フィリピンの子供の未来のため」「マングローブ植林支援」と書いたのぼりを手に 募金をよびかけ、午前9時に加悦のカトリック教会を出発 天橋立や宮津教会を巡り同高まで 221人が26キロを歩いた
リーダーは 「私たちが歩く姿を見て、少しでもフィリピンの被災者へ心を寄せてもらえたら嬉しい」と話した


「日本ハムで頑張る」と ドラフト五位指名を受けた舞鶴市行永出身の金平投手が舞鶴市長に報告 と
『平地地蔵に暖かい蓑を』の記事も
1832年 宮津藩の圧政に百姓一揆の首謀者として処刑された二人の供養として 高さ5.3mの地蔵。蓑は重さ50キロ7人が2日かけて編んだ

昔のおやつ 黒豆とポリポリと呼ばれる餅に強力粉を入れて炒る甘いお菓子。昔お釈迦様に供えた『華草豆』はなくさ豆を「伝統食を作り味わう会』が野間地区で再現

興味深い記事が たっぷりo(^-^)oでした


どぶろく列車~丹後あかまつ
2013年11月26日 (火) | 編集 |

KTRで11月30日
福知山発10時と西舞鶴発 10時26分 が 合流し 網野へ向かう
車内では どぶろくが飲み放題
網野で昼食をとり 出発駅に戻る
運賃と昼食代込みで7000円、定員35人
申込み 日本旅行TIS福知山支店 0773-23-8631

京都新聞 11月23日の記事から


女将有機畑~菊菜と大根菜
2013年11月25日 (月) | 編集 |


もう少しもう少し
植えるのが 遅くて
待ちどうしいです
早く大きくなぁ~れ
久美浜牡蠣も入りましたよ~
葱も美味しくなりました
美味しい土手鍋やしゃぶしゃぶでカキフライでいかがでしょうか

夕べは嵐でお家が揺れ揺れでした
今日は ずっと


ガラシャ御前~蟹
2013年11月24日 (日) | 編集 |


日本一?鮮度のいい間人蟹
近海で捕れる蟹なら ガラシャや忠興も食べたかも…

鍋でしゃぶしゃぶ すると 綺麗~
食感も 違います
焼くと甘味が急上昇
美味しいうまい
ご予約で お願い致します


女将の有機玉ねぎ畑
2013年11月24日 (日) | 編集 |




大地を抱きしめて出来上がりです。やっと完成草ぼうぼうから一転です
思いをう~んと 込めましたよ
おおきな 柚子も塾してきました
この畑も10年近くになりました
ん? 越えたのかしら?
我ながら よく持続するものです
他の野菜と違い 長期保存が出来ること 沢山幅広い調理に使うこと
又 なんといっても 害虫に侵されにくいので
収穫までの 道のりは長くとも 価値のある野菜です
休みたい水曜日のことでした
この連休は 法要のお料理で忙しく なるべくご予約でお越し下さいませ


月の冠 星の冠のガラシャ像
2013年11月21日 (木) | 編集 |



素晴らしい月は十六夜だったのでした
奇跡のような いちにち
本当に美しい月は宮津の駅の上なのですいつも
宮津駅前には 庭を作る名人幽斉が作った庭がありました
そのそばに ガラシャが暮らしていたのでは と
計算されて美しい月が池に映る

美しい月を見る度 想像を膨らませて ドキドキ

早朝の ガラシャ像の月は西
夜の月は東
それで又 きっと お顔が 輝いて見えるはず と思い夜のガラシャ像を見たくて 出掛けました
思った以上の美しさ
そして 月が雲に隠れ 虹色の傘をかぶったので
見る視点を変えて ガラシャ像の頭に月を重ねると まるで後光がさしたよう
あちら こちらと視点を変えていると
三角の星が又 ガラシャ像の頭に重なりました
まるで星の冠

凄い プレゼントを頂きました

見たい知りたい聞きたい体験したいと願えば
『思いは叶います』
   感動感謝

昭和23年11月19日の十六夜の出3来事でした
十五夜の朝も 綺麗な月がガラシャ像の後ろにあったよと
お客様から教えて頂きました

今朝も 輝いて お城があった方角つまり平の家の方角 を見てくれています


暁の月と天主堂とガラシャ像
2013年11月19日 (火) | 編集 |

凄い撮影スポット
私の撮影では表現不足でごめんなさい
只今11月19日午前6時45分
月が 輝いています
ガラシャ像も輝いています