京都府に海があるのを知っていますか? 地図で日本三景”天橋立”を捜してください。 そこに魚の美味しい丹後宮津市があります。 宮津駅を降りてすぐ「平の家」にお立ち寄り下さい。 TEL:0772-22-2419
出産間近!!丹後の山
2014年07月31日 (木) | 編集 |




『何に見えますか?と』なだらかなリョウセンの竹野漁港の山々を指して船長さん
お~ 確かに 臨月の女性が上を向いてる姿に見えました
おっぱいと大きなお腹
母なる大地 そのもの

たくさん たくさんのエネルギーを感じました

船を降りると 鮑取り名人の漁師さんから 思わぬアワビのプレゼント
船長さんが てきぱき料理をして下り
肝をぬりながら ほおばったお刺身の格別な味
一生忘れられない 思い出ご飯
丹後の 人々の熱い熱い 『おもてなし』に感謝
まだまだ 続くのでした

スポンサーサイト

水平線から真っ赤な太陽が登る丹後の海
2014年07月31日 (木) | 編集 |




肉眼では真っ赤でした
残業ながら、写真ではなかなか 伝わりません
漁の合間に船を移動して いろんな角度から 素晴らしい太陽と 海に映る光の道
こんな素晴らしい太陽はなかなか 条件が揃わないとのだとか…前の日も イベントもあり太陽も素晴らしかったとのこと
次の日からは 下り坂
『今日しかない』との船長さんの 言葉に飛びつきました
『日頃の行いの成果やね』のお言葉も頂きました


丹後の定置網漁体験ツァー
2014年07月30日 (水) | 編集 |




朝4時半、竹野漁港のとび丸タクシーの西口さんに 乗せて頂きました
素晴らしい朝陽が楽しみなんです
もう ドキドキ
   ワクワク




伝統野菜金瓜の漬物
2014年07月26日 (土) | 編集 |

素朴で優しい味の『金瓜』
おばあちゃんがそう呼んでた好物私もメロンより好き
まごころ市では 『マクワウリ』と表示されてました

皮が固いので、味を染みやすくする為にに写真のようにシマシマに剥いてから、塩麹を塗りつけて冷蔵庫で二三時間で 出来上がり

糠味噌をねりつけても 半日くらいがよいかも…お好みで

『糠漬けの美味しい漬け方』の追記
糠床から去る前に、糠床の表面をギュッギュッと 空気を抜きつつ 『美味しくな~れ 』の気を入れることを いつもお忘れなく 漬けあげて冷蔵庫などになつべる(しまう)時も ビニール袋に入れなるべく空気にふれさせないよつにしたほうが 美味しく保存できます。
胃腸を丈夫にする効果大です

昨日から 36℃を超えました熱帯夜になり辛いですね
女将は 薬草茶に助けてもらってます


土用の丑の日間近!活うなぎ!!
2014年07月25日 (金) | 編集 |
昭和20年代頃から先代が始めたうなぎ料理を現在も引き継いでいます!

当店の看板料理です

丹後地域で年中通して、活きたまんまのうなぎを料理しているのは、当店くらいでは?

毎日、水槽でうなぎが泳いでいますよ

【2分41秒の活うなぎ動画】


当店は・・・
R0016418.jpg

北近畿タンゴ鉄道宮津駅から徒歩、約10歩!です
R0016419.jpg

目印はこの看板
R0016420.jpg

そんな、活うなぎをこの機会に、ぜひお召し上がりください!!
R0016412.jpg

※活きたうなぎを裂き、串に刺し、50年以上の秘伝の甘ダレでじっくり焼きますので30分ほど、お時間を下さい。

うな重:2,500円(税別)~
うなぎ焼き:1匹4,000円(税別)~
※仕入状況によ変動する場合があります。出来るだけご予約下さい。

【平の家】
住 所 :京都府宮津市鶴賀2123-1
電 話 :0772-22-2419
定休日:不定休
駐車場有り


有機きゅうりのカーテン
2014年07月24日 (木) | 編集 |



今年は、畑でなく屋上で育ててます大成功盆栽たちの日除け対策に大活躍
オマケに じゃかじゃか収穫してます
ピーマンは なかなか育たなくて初収穫です

先日功さんちの無農薬長茄子を糠漬けにしましたら、皮が薄くて甘い!来年は 長茄子にしましょ
梅雨あけしましたが 今朝は どんより
青の洞窟 の 計画はなかなか 実行できません
来週は いかに?
宮津駅前で桔梗が、3日ほど前から 咲き初めました


宮津まごころ市
2014年07月21日 (月) | 編集 |



地元で出来たとれた品が沢山あります。スイーツやジュース、漬物缶詰め、等加工品や花や野菜、米もあります
営業時間:土日 午前9時~午後1時まで 月水木金 午前9時~午後5時


新鮮活鰻の肝焼
2014年07月20日 (日) | 編集 |

肝焼は有名だし、美味しいのは当たり前姑に教えてもらった初体験の味は 湯通しした鰻の肝に わさび醤油

美味しいですが 焼いたものより 鮮度は命
捌きたてで鰻と共に ご予約でお願いいたします


うなぎ☆フィーバー
2014年07月20日 (日) | 編集 |

鰻重を 16人前ご注文頂きました
大量のご注文の場合は ご予約を オススメ致します
『鰻は泳いでおります』=時間が かかる

ということを ご理解下さいませ
写真は、お持ち帰り鰻重弁当

とり貝や岩かきも おりますよ~
当日でもご予約をお待ちしております



ぬか漬けのコツ
2014年07月17日 (木) | 編集 |



最近 お客様からのご質問、よく聞かれるもので

①気温と温度=ご家庭で少しなら冷蔵庫がよろしいと思います。10℃なら半日くらいだと思いますが、お好みで

②毎日漬ける=混ぜる。嫌気菌と好気菌のバランスを手で感じる

③ぬかが柔らかくなってきたらぬかや塩をたす=手で感じて

④新鮮野菜は大切功さんちの無農薬野菜と まごころ市の野菜

⑤ぬか漬が好きなこと=食べて味をみる。研究心が沸く

一番大切な ことは 『美味しくな~れ』の呪文?いえいえです

食いしん坊さんであることも大事やと思います
野菜は勿論糠だってごだわる『安心な丹後昔からの美味いもん』を あなたに伝えたい女将でした
平の家 初代から伝わるぬか床を愛しております
地元愛食べにきて下さいませ
お待ちしております

梅雨開け間近先日から蝉の声が聞き取れはじめました。お昼過ぎには凄い雷雨 でした